AML

AMLアービトラージ案件とAMLアンチ説!内部情報まとめ アービトラージ案件は、とにかく辞めとけ!

亮です(^^ゞ

 

前回の記事も参考にして下さいね!

こういう事を書くとアンチだとか言う人も多いのですが アンチでもありませんw

ちなみにですが あくまでも

PGA
アルファロック
ジュビリーグループ

これらの胴元との関連性が高いという事をお伝えするもので、
飛ぶとか飛ばないと言った事を言ってるわけでは、ありません(笑)

 

懐かしいなあ…汗

PGAやってる時も飛ぶ飛ぶ言ってるの見ても アンチにしか見えなかった。

皆が皆、同じだったと思います。

でも、ここ反省点でした。

「ちゃんと聞ける力を失っていた」と今思えば反省点です。

ただ、飛ぶや危ないという点も何もエビデンスが無いので信用できなかったのですが、今回は他のアルファロックやジェンコなどと同様にエビデンスもしっかりあるので解説をします。

 

AMLって何?

  • Ascendancy Management Limitedの略称
  • 2020年7月31日に公開の仮想通貨自動アービトラージによる投資商品です。
  • 2020年10月グランドオープン
  • AML社が提供するサービスは、【世界初】のDAPP・スマートコントラクトアービトラージ取引システム。

 

しかし結局のところ、AMLにお金を入れてAMLのウォレットから出金される仕組みです。

何か安心なのかは、理解できません^^;

AML社では、世界でも取引量が多いことで知られる「Binance(バイナンス)」取引所を利用してアービトラージを行っているそうです。

 

どうでもよいんですが とりあえずアービトラージ。

これも他案件と酷似しているキーワードです。

調査の為に

以下は実際にAMLメンバーからの提供をしてもらいました。

入金アドレス → 0x2D5B2D1308567d2ee52d0ed87295AB4B163410E2
アウト先の一つ→ 0x0dd0f73b8ac049bbfd4783941e886bf3df61876c
出金アドレス → 0xa985eae257d2873656f07986d6299e45439f6b77

お金の流れは嘘をつきません。

 

まず順に見ていきます。

0xa985eae257d2873656f07986d6299e45439f6b77

これはAMLの出金用のアドレスです。

この最初の履歴を見ます。

最初に補充したウォレット。

それがこちら。

AMLポンジ

 

0x1439EAECEEB0Dd0F70ed2F86E080901d040C7ae0 へと移動します。

移動しましたね。

また このウォレットも出金が多いですが見ていきましょう。

主に流入しているアドレスを弾き出します。

こちらは、入金されたお金が集まるウォレットのようです。

0x1439EAECEEB0Dd0F70ed2F86E080901d040C7ae0

一番多い流入元を見てみます。


0xb9e9BA332ebD2517b5fdCA6b33a10dbC500AE9c2

このアドレスへは、7513のアドレスから50万ドルが振り込みされています。

この7513のアドレスはPGA ジェンコ、アルファの財布からも辿り着くウォレットです。

現在は動きがありませんが特定の期間は、

INから 完全に外にでるまでのウォレット間で重要な役割を果たしていたものです。

 

そして一番目立つものが、こちらのアドレス。
0xCE0A5945a2e………

アクアナイトを1億枚以上保有している事が分かります。

AQN発行枚数の5億枚の内、1億枚ですので、一般人とは考えにくいでしょう。

 

同時にこのアドレスは、ジェンコとも深い関係が否定できないウォレットです。

むしろジェンコの運営側の人間と言っても間違いない証拠を持ってます。

 

想定できるのは、ジェンコそのもの。

あるいは、ジュビリーグループのトップ層の人物。

 

そこへ繁盛に送金の橋渡しをする7513のアドレスが出金用のアドレスであれば話も別ですが これは外部ウォレットでは無いのです。

現実的にAMLの利用するウォレットへ先程も説明したように関連性があるのです。

このようなウォレット間の動きは、馬鹿でもない限り、できる限り巧妙に行いますが、1度でもこのようなボロがあると簡単に紐づいてしまうのです。
巧妙にPGAもアドレスの変更をしていましたが 見る人が見て紐解いていけば分かるのです。

AMLアービトラージのウォレットと他の案件との関連性ロジック

7513のウォレット↓

0xb9e9BA332ebD2517b5fdCA6b33a10dbC500AE9c2 ↓

0x1439EAECEEB0Dd0F70ed2F86E080901d040C7ae0 ↓ 入金用ウォレゥットと思われるアドレス

0xa985eae257d2873656f07986d6299e45439f6b77 出金用アドレス

7513は出金用アドレスではない。
PGAでもジェンコでも登場していたウォレットの一つ。
そして7513は常にジェンコ運営側と推測できるウォレゥット 0xCE0A5945a2e……… へ多額の資金移動をしている。

また、この985に関しては同時にAMLから資金を入れた場合の流れも把握しています。

AMLアービトラージの入金ウォレットからみるAMLの出金アカウント

0x2d5b2d1308567d2ee52d0ed87295ab4b163410e2 ←入金後すぐに移動するウォレット
AML参加者より管理画面のTXID確認済み
続いてこのウォレットからは主に合計7か所にしか資金移動がされていません。
その内の一つがこちら。0x0dd0f73b8ac049bbfd4783941e886bf3df61876c
そのウォレットから一番資金を移動しているものがAMLの出金アドレスである。

どれだけ捻じ曲げようとしても 関係性があるという点は、間違いないと言えます。

これが人繋がりなのか会社繋がりなのか分かりませんが とても重要な関係があるとも見えます。

 

AMLアービトラージには元本保証がある?どこにも書いてない…

動画はこちら →https://www.youtube.com/watch?v=ozBGBf55w-o&feature=youtu.be←

この前オプチャに上っていた動画で言うと

38分ごろから アンチAMLの説明。
57分ごろから 元本が戻る仕組みの質問の回答

質疑応答で一番気になった言葉は、最悪の事態の場合は元金は戻る仕組みだという話です。

元本保証なの?
それ言っちゃって大丈夫なの?

と正直 驚きましたね^^

おまけに自分は全部録画済み。

飛んだら映像配信します。

しかし 冷静に考えて下さい。

あなたはパッケージを買いました。
紐づけしたアプリから送金をして 紐づけしたアプリに入金があるそうです。

イーサリアムのブロックチェーン上のウォレットなので当然ですが その辺のハードウォレットでもブロックチェーン上は同じ。

出金用アドレスのお金が消滅すると、どうなるのでしょうか?

送金されません…(笑)

 

ただあえて言いますが出金ウォレットから出金されたりお金が運営に入っているので 他の案件と変わりなく、お金が安全と言う定義には結びつきませんでした。

なぜなら

出金申請をする⇒あなたのウォレットにお金が入る

パッケージ購入⇒会社にお金が入る…という所は何も変わりないからです。

 

これは、

0xa985eae257d2873656f07986d6299e45439f6b77→AML出金アドレス

そして到着したアドレスが0x7cde…というウォレットです。

その逆に入金の時も同じ、0x7cde… からパッケージ購入をしています。

 

つまり自分の領域、自分の財布が 0x7cde… というだけで
それがアプリを介したもの。
結局会社のウォレットに多くの資金が投入されて会社が出金しているのです。

 

逆に、0xa985eae257d2873656f07986d6299e45439f6b77の資金がゼロになるとどうなるのでしょうか?

つまり今までの他の案件と同様にアルゴリズムが違ってもお金の流れの違いや、「安心要素」が見受けられません。

 

胴元の関連性は否定できないですが この辺の仕組みがウォレットのお金の流れベースで見ると、他の案件との安全性の違いは分かりませんね。

 

そしてZOOM動画の内容と照らして元本が戻る仕組みも不可解です。

つまり誰もが絶対損しない仕組みという事になりますね 動画を見ると。

果たしてあり得るのでしょうか??

動画の中で、神田さんが主張する、

「PGAをやっている人が単にAMLも始めた」

などでは説明がつかないという事です。

もう無茶苦茶も良いところです(笑)

 

そもそも元本保証してお金を集められるのは正規で認可を受けた金融機関のみ

 

元本を保証してお金を集めることが出来るのは世紀の認可を受けている金融機関、つまり銀行などだけです。

不特定の出資者に対して元本保証を約束してる時点で このZOOMの質疑応答は 破綻した内容ですね。

ちゃんと録画保存しておきます。

 

今後のAMLに期待ですね(笑)

 

ちなみに、

個人的に同じ道を辿ると自分は信じていますよ☆

まあAMLに夢中な人には、何を伝えても「アンチだ!」と言うだけで 分かりませんが とりあえず金融庁に一発報告入れておきました^^

いつでもどうぞ。

ただ墓穴は掘らないようにしてくださいね。

AMLに何かあった場合AMLの運営側として認める事になりますから。

 

もちろん飛ぶか 飛ばないかは、分かりませんし あくまでも

ジュビリー
ジェンコ
アルファロック
PGA

これとウォレットの関連性があり胴元は同じという認識せざるを得ない状態だというだけで、AMLの今後の行方は分かりません。

新規入会は、お薦めしませんが これは個々で考える事です。

 

やるなら余剰資金で。

いつ消えても良いお金で。

 

金融庁に元本が安全といった質疑応答部分も含めて 動画のURLやAMLのカントリーリーダーと名乗る人物の情報を送信しておきましたので 皆さんも疑問に思うなら、まずは金融庁に連絡をしてみると良いと思います。

 

それでは、亮でした(^^ゞ

 

 

 


24時間365日 質問を受け付けています♪
気になる事、質問があれば、いつでも相談してください♪

ABOUT ME
亮
管理人の亮です。様々な投資案件やビジネスを調べつくす為にブログをわざわざ立ち上げました。一人でも多くの人に真実のみを提供します。気になる事はいつでも質問下さい。