AML

AMLアービトラージ日本オフィスはジョージタウンコンサルティングが借主か? AMLCコインが上場する?そもそもなぜ?

AMLが殆ど終わりましたが果たして参加者の資金をAMLCで送金するという話ですが、ちょっと無理がありますね^^
誰も欲しい人が居る筈がないので このまま不明トークンを持ち続けて飛んでしまう可能性が濃厚だと認識しています。全員の管理画面のお金を買う人なんてどこにもいません。怖すぎます。

2月20日続編を編集中です

 

亮です(^^ゞ

最近、色々な案件で飛ぶものが増えましたね。

前回にも触れた、エマスフィンテックも飛びましたが

エマスフィンテックEMAS メンテナンス中のままフェードアウト(事実上飛んだ?)亮です(^^; なんか…また案件一つ飛んだみたいですね。 今回記事にしたのは、エマスフィンテックという案件です。 エマスフ...

今度は前回の記事でも伝えたようにAMLも ほぼ飛びました。

PGAの時は、本当に多くの人が被害に遭われましたし二度とこのような事になってはいけないな…と思ってましたが 今回のAMLでも同様の事が起きようとしているというか、既に現在進行形中なので 少しでもAMLの参加者の方が今後、少しでも有利に立ち回り、お金を回収してもらう為の参考になれば嬉しいと思って記事を書きました。

AMLアービトラージが飛んでから出来る事。

まず明らかに AMLと他の案件と違う事が幾つかあります。

AML Japan Office
日本カントリーマネジャー
神田

これです。

プレイヤーではなく AMLの日本の事務所でカントリーマネージャーという肩書きです。

ここで、「AMLのプレイヤー」とは明らかに違います。

過去の案件の多くは、リーダーの人間も全員がプレイヤーという位置づけでしたが今回は、日本オフィスのマネージャーが神田という人物です。

そしてこの男は、こちらの動画でも「保証がある」と謳っていました。

 

僕はこの動画と他にも見た事がありますが 他の案件では一度も聞いた事がないような元本が戻るという保証です。

つまり、ここで何かトラブルが起きた場合は、全てカントリーマネージャーの神田という人物に責任追及する事が可能です。

明らかに会社側の人間だからこそです。

まずは、上から配信されてくる、以下のような文面も記録して残しておきましょう。

AMLメンバー各位

本日から火曜日、木曜日の定例会社主催のZoomが開始されます。

特に本日は、ビットフィネックスでの取引デモを初公開いたしますので、皆さんをお誘いしてふるってご参加ください。
また、本日はそのビットフィネックスでの取引開業記念のプロモーションについて詳細に説明いたします。

Time: Jan 12, 2020 08:00 PM Osaka, Sapporo, Tokyo

Join Zoom Meeting
https://us02web.zoom.us/j/2965606194?pwd=Z0pWYUxDaDh6WHlEc1FnSjVsV3V3QT09

Meeting ID: 296 560 6194
Passcode: 158238

どうぞよろしくお願いいたします。

AML Japan Office
日本カントリーマネジャー
神田

 

続いてPGAなどには、AMLのジャパンオフィスなど存在もしていませんでしたが ここの住所もしっかり確認するべきです。

AMLのJAPANオフィスの住所は?どこ?

どうやらLINEのオプチャを調べると、ホテルニューオータニのガーデンコード内の部屋を借りていて借り主の名義は、ジョージタウンコンサルティングという会社のようです。

つまり、ジョージタウンコンサルティング が深くAMLと関係していると覚えておきましょう。

まずは、できる人が居れば、以下より取得できます。

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/category_00003.html

まず会社名の住所で検索をして会社を特定する。
オンラインで数百円で登記をPDF形式でダウンロードできます。
ここに代表者や役員そして、役員住所などを調べる事ができる。
登記は誰でも取得できるので何も問題がない。

しっかり情報を取っておくんだ。

そして次にには警察に行く事。

AMLアービトラージが元金回収し易い理由とは?

まず被害を受理してもらいやすそうな要因は幾つかあります^^

AMLジャパンオフィス神田 が日本人
AMLジャパンオフィスが存在する。
返金されるというから資金を入れたと主張できる。

PGAやジュビリーなどは、ジャパンオフィスというものがありませんでした。

ここまで危険な事をして、信用をさせたかったのでしょうか。

しかし、現在のような状況に陥ったら再起は不可能です。

そして資金は戻りませんから被害者がいかに一致団結をして情報交換し、いかに警察などへのアプローチを起こすかがポイントです。

前回は日本オフィスなどもありませんでしたから まずはAMLの日本オフィスでもある、ホテルオークラに現状の報告をしっかり説明をして、今の契約状況などの問い合わせする事が大事です。

そして次に警察です。

近くの警察でも構いませんが できれば上記会社の近くにある警察が望ましいと思います。

他の案件では、全て海外でリーダーも 単なるプレイヤーでしたし日本オフィスなど一切ありませんでした。

しかし今回は、日本のオフィスが存在するのです。

警察も動きやすいし前回のPGAの事もあるので 捜査に着手する可能性は、とても大きい予感がします。

日本オフィスの存在はすごく大きいです。

日本オフィスは 無関係だと主張されたら?

この場合、神田というカントリーマネージャーが誤解を招くような記述をしていた事になります。

だからそこも責任追及ができます。

なぜなら全て海外のものなら参加しなかったが、「あたかも日本オフィスがあり、神田はマネージャー」だというから参加したとも主張ができますし おまけに万が一でも元金保証がされるという話も本人が断定的表現を使って説明してますからね^^;

他の案件でも、ここまでリスクのある事を喋る人は、僕も初めて見ましたが逆にこれが万が一の場合の訴訟や責任追及、刑事告訴にも役立ちます。

つまり、「AML日本オフィスにやられた」これを主張し続ける事が大事です。

もう滅茶苦茶な案内ですが…。

この資料も日本人が作ってるのかもしれませんね。

いずれも日本オフィスがあれば、完全に違法扱いになります。

AMLのようにお金を預かって運用する会社が海外であればともかく、国内にAML日本オフィスなどを構えて営業していれば(実際に神田は営業活動に近い事を行いつつ月利で釣ってお金を集めている)これだけで違法性も問われる問題です。

まだ完全に飛んだわけでもないので損失が出てないと言われるかもしれませんが損失が出る前から動く事が大事だと思います。

時間が経過すればするだけ、どんどん不利になる事も多いです。

AMLに送金した資金を追いかける事。

続いてやるべき事は、自分の送金したお金の流れを追いかける事が大事です^^;

「資金を追えば ほぼ答えが出る」のです。

僕らは、PGAの時にアカウント全てのアドレスの抽出まで行えるようになりましたので その方法を具体的に教える事が可能です。

ここからLINEより連絡してください。

PGAの時の教訓を活かして、暗号通貨のお金の流れの追い方教えます。

質問や相談は、こちら 亮です(^^ゞ この度はブログへお越し頂いて有難うございます。 読んで頂けて本当にうれしいです。 LINE あ...
何かリスト取りでは?と思われるかもしらないけど、自分達も被害を経験しているので 少しでもその経験を活かせれば…と思っているだけの話です。暗号通貨は非常に追い易いので参考になると思います。

恐らく一部は目を眩ます為にバイナンスに入ってるものもあるかもしれませんが僕らが見れば バイナンスへのお金の流れなども分かります。

インとアウトを辿れれば お金の動きもすぐに分かる筈です。

ちなみにこちらのイーサスキャンなどを使えば、単純に分かりますが、不明な事は僕の方でも教えるのでLINEより連絡をくださいね^^

https://etherscan.io/

AMLCコインで支払われるとどうなるのか?

AMLCコインは単なる時間稼ぎです。

最近は案件が飛ぶ時の対処策としてトークンを発行し参加者に握らせる傾向が増えています。

USDTじゃなくて、トークンを払うという行動に出るのですが残念な事に買う人が居なければAMLCコインを持っていても意味がありません。

果たしてAMLCコインを欲しい人が居ると思いますか?

単なる時間稼ぎである事を覚えておきましょう。

それもAMLの管理画面の数字だけトークンが出てくれば、投げ売りしても誰も買わないです。

取引所で値段がついていても買う人が居なかったら誰も売れないのです。

できるだけ早く、AML日本オフィスを対象に被害届けを出したり、AMLのセミナーなどで参加を決めた人は、そのセミナー及び登場人物なども詳しく警察に話をしましょう^^

これをいかに早く行うかが大事です。

最初は、オプチャなどでは「意味がない」など揉み消す人も多いですが 「日本オフィス」があれば、状況は全然変わります。

代表者の住所なども登記から取得できますので AMLは、他の案件よりも早く動けば動くだけ解決や警察が動いてくれそうな材料が多い気がします。

ちなみにAMLもPGAもジュビリーやジェンコも全て中国の深センですから驚いてしまいます。

しかし、この手の案件は、もう今後は通用しなくなりそうですね。

被害者が溢れるように湧き過ぎてます💦

もちろんAMLは、今から絶対に参加NGの案件ですから 気を付けて下さいね^^

続編有り IDXA取引所

AMLCが上場というか上場と言えるかどうかが謎ですが、取引所がこちらのようです。

https://idxa.io/

さすがに笑いましたが。

取引所になるそうですが ページのソースを見てもかなりやっつけです。

view-source:https://idxa.io/

チャートぐらいは出てくるものと思いますが スタイルシートとかソースを見ればかなりやっつけで作成した感が拒めないです。

それだけでなく海外などでも検索をしましたが取引所なら少しぐらい話題が出ていてもおかしくありません。

唯一出てきたのはこちら。少し文字列違うか…同じなのかは謎ですが…

IDAX取引所ではなく IDXA取引所

こんなふざけた話って絶対無いと思います。

 

「え?君達何してるの?」って状態です。

ここまで情報がない取引所も珍しいですね(笑)

いかにもAMLの出口戦略のものとしか思えません。

遊ばれているとしか思えません。

だってUSDTでお金出したら良くないですか?って事です。

どうして玩具のtokenで誤魔化そうとするのか理解に苦しみます。

冷静に考えてみないといけないですね。

AMLのトップの連中も確かにいきなり飛ばれると収集付かなくなるので時間稼ぎが必要なのも分かるけど、ここまで人を小馬鹿にした演出は、酷いかな…と思います。

翌日に送金される取引所なんて誰も使わない。

無理矢理AMLCトークンで遊ばせる為に自作で作ってるだけにしか見えません。

USDTで出金して貰おうよ…

突貫で作っているのかもしれませんが ろくでもないです。

https://idxa.io/

IDAX取引所ではなく IDXA取引所でサイトはペラページでスタイルシートも全部放り込んだ突貫サイトですから もう空いた口が塞がりません。

ただ、これも戦略の一つです。

のんきに見てるのではなく ちゃんと動かないといけないです。

騙されているだけですから。

PGAの時は、もっと酷く、いきなりサイト表示が消えましたが それまでは、長々と引っ張られました。

時間の経過と共にどんどん忘れさせる戦略だったのでしょうが ちょっとPGAは膨れ過ぎたのでヤバかったですが最終的に責任の所在があやふやに。

そもそも、誰が黒幕?みたいな感じですよね。

でもAMLは前述したように異なります。

日本オフィスの存在は、とても大きいです。

一致団結してなぜ警察に行かないのか?疑問です。

お金を戻せるのであれば、お金を戻してますよね?

もう戻せないのです。

USDTで戻す気がないからこのように時間を稼ぐような形をとっているだけです。

しかし、トップの人間達やリーダーも、警察沙汰や税金面もあるので大事にしたくないのが本音でしょう。

まともにAMLの話なんて聞ける筈がないし矛盾だらけですから。

とっとと警察への相談。

そして消費者センターや金融庁になどに まずは日本オフィスについてどんどん報告するべきです。

お金が戻るかどうかよりも 騙されたか騙されてないかが大事です。

言っておくけど今、熱が冷めない間に一致団結して動かないと、フェードアウトすると思うので絶対に一人一人が行動をしてしっかり解決してほしいと思います。

日本人をカモにしたこの手の案件は本当に永遠に消えて欲しいです。

その為に できるだけ被害者だけで集結し行動する事を推奨します。

内部で邪魔をするアカウントも出てくると思います。

だから熱のある人がしっかり集結し行動して戦う事が大事です。

動画のURLも持参する。※この動画は消えません。
ジャパンオフィスの神田という人物が保証があると謳ってた事も告げる。
その他の資料も持参
ジャパンオフィスの住所も提示する。
誰からの紹介なのかも提示する。
リーダーなどの発言は全て保存し提出

手遅れになる前に マジで動いて欲しいですね。

PGAでは、日本オフィスなどが無いので結局海外の案件、あとは みんながプレイヤーというだけで最後まで警察も動けない状態でした。

しかしAMLは 日本オフィスと謳っていた事実があるのです。

もちろん時間が経過すると どんどん面倒臭くなって本気で動こうとする人が減少します。

それが狙いなんですよ。

冷静に未来があると思う人は、ご自由に…(笑)

ではでは。

 

 

 

 

 


24時間365日 質問を受け付けています♪
気になる事、質問があれば、いつでも相談してください♪


ABOUT ME
亮
管理人の亮です。様々な投資案件やビジネスを調べつくす為にブログをわざわざ立ち上げました。一人でも多くの人に真実のみを提供します。気になる事はいつでも質問下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。