AML

AMLアービトラージ案件が飛んだ後にできる事、PGAの二の舞にならない為に

亮です(^^;

いよいよAMLがきな臭くなってきましたね。

前回の記事も更新済みです。

AMLアービトラージ飛んだ案件の仲間入り?

前回の記事はこちらです。

AMLアービトラージ案件とAMLアンチ説!内部情報まとめ アービトラージ案件は、とにかく辞めとけ!亮です(^^ゞ 2021年1月22日追記 前回の記事も参考にして下さいね! https://pgaprance...

AMLのLINEグループでは、少し避難の声が出ている様子で3分の1がロックされている様子です。

 

こういうのはトバッチリとか関係なく意図的なものなのです。騒いでも意味がないけど、、払い出しされなくちゃ終わり…

ただ、AMLは返金保証があるそうです。

これは案件の中では凄い事です。

利益もでないのに 紹介報酬で稼いだ人がどんどんお金を抜いて運営も利益を取って払い出しが困難になるとだいたい何か理由を付けて支払わないような口実を作ります。

信者はそれを信じますが その時点でどの案件も殆ど終焉。

■AMLログイン停止に関する現状報告1■

従前の説明の通り、今回の事件はAMLを代表するマスターディストリビュータ(MD)であるW氏、ローカルディストリビュータ(LD)であるN氏及びF氏が新しいMLM案件を立ち上げて、AMLのリーダーとメンバーを根こそぎ移動させようとしました。
また公衆の面前でAMLを誹謗中傷するスピーチを行い、AMLの企業価値を著しく棄損させました。
これは会社にとっては比類ない不祥事であり、国でいうならばクーデターと同じです。

国であればクーデターが起きれば、戒厳令が発令されます。
同様に今回の事件を受けて、AMLでは首謀者3名に関連した傘下のアカウントのログインを停止し、調査を行っています。

調査はLD毎に会社側とインタビューを行い、当該LDの傘下は問題がないと判断されればその傘下のメンバーはログイン可能となります。

今回の措置は当該メンバーがログインできないだけであり、その間も高範囲0.3%、通常範囲0.1%の日利は会社から付与されます。
また、ペアリング報酬等も自動的に付与されます。

AMLが事業を閉鎖したり中止したりしているのではありません。ただ調査のために当該MD、LDが関与している組織のメンバーのログインを停止しているだけです。

現在、ログイン停止のメンバーは全体の約25%です。他の約75%のメンバーは通常通リ稼働しています。

MLM業界では常識になっているクロススポンサー(別の案件に誘導する行為)はAMLでは通用いたしません。
発覚した場合には、利用規約に従いアカウントは廃止となります。

AMLは分散型金融事業を行う会社です。世間の常識に従って行動しています。
ポストコロナ時代のニューモラルをAMLがつくっていきます。
現在の調査作業は、AMLが次のステップに飛躍するための過程であることをメンバー各位にご理解いただけることを望みます。

どうぞよろしくお願いいたします。

AML Japan Office
日本カントリーマネジャー
神田

 

すごく疑問ですが 移動させても良いんじゃないの?自分で集めたグループなら…(笑)?

国で言うならクーデターと同じらしいですが無茶苦茶です。

銀行に置き換えて考えて下さい。

「メンバー大移動させたら 凍結するぞ?」とか無茶苦茶でしょうし。

そもそもAMLはPGAなどと同じウォレットとの関わりがしっかり出ていますからね~

移動してメンバーを逃がすという点は、正当な行為だと思います。

ただ会社が儲かってるなら、仮にグループが全部抜けても会社は痛みを伴わない筈。

しかし資金が抜けると倒れるという事は、「ポンジ」ということです。

 

 

 

という事ですが なんか無茶苦茶ですよね。

どこで誰が何を紹介したりメンバー全員で退散しようと、、「ポンジじゃなければ影響を受けない」これが正論です。

 

…自らポンジだと言ってるようなもので、アカウントロック=出金停止 という とんでもない行為で呆れてものも言えないですし 会社に不都合な事は喋ったからアカウント凍結をするなど言語道断です。

 

魅力的な案件にメンバーを誘導する事はぜんぜん良い事です。

むしろ、いつか飛ぶ事は、誰もが分かっている事ですから。

 

この状況下で参加する人が減少する⇒どんどん不利益になり本当に飛ぶ

まさにこれじゃないかと思います。

ポンジでなければ 全員の元本が全て会社にあるのですから全員辞めても痛くないです。

だから出金できる人は、一度全員で出金をして、それから会社の状況を見て判断すると良い時期かもしれませんね^^

 

AMLが本当に運用して利益を稼いでいれば何人が出て行っても痛手はないです。

でもポンジなら騒ぎになり飛んでしまうのです。

 

不祥事でそのダウン全員がロックされるとか、無茶苦茶ですから(^^;

そもそも調査って何やねん?という話。

この3名の責任にして理由をこねて出金停止や引き続き飛ぶ可能性もあるかもしれませんのでくれぐれも残っている方は気を付けて下さい。

この3名の下のアカウントをロックするとか、普通じゃないですから。

アカウントロック⇒出金させない為。
これ以上でもこれ以下でもありません。出金されて辞められると不都合があるようにしか思えないです。
よほど危険な状態かな?と思っちゃいました💦

ただどんな結果になろうとAMLは返金保証があるそうです。

AMLの返金保証について

 

前回の記事でも、少し書いたのですが、AMLのZOOMを録画していたのですが、ちょうどここで神田という人物は、「万が一でも元本が戻る」という事を公言していました。

PGAやジュビリーと同じ組織だという事も 神田の耳には入っていてそのアドレスも公開されているのに 見事に嘘で固めていましたから これでもしもAMLで被害者が出れば、全て神田というリーダーからお金を回収できると思います。

削除していなければ 僕のところにこの時の動画もあるかな。

過去にも何個か飛んだ案件広めていたから、後片づけも慣れているのかも知らないですけどね…^^;

ただ、この時にも「利益を差し引いた元金は戻る」と公言していたので 分かり易いです。

この辺は、万が一の場合には神田と言うリーダーから返金責任を問えますので 本人が飛ばない限り安心でしょう。

恐らく カントリー報酬もガッポリ入るでしょうから。

果たして元本が保証されるか?

 

と言っても元本がAMLから出金されて戻る事はないと思います。

もともと運用なんて小粒ある程度なので肥やしにもなりません。

だからどんどん 新規や増資のお金をうまく出金に回しているというだけです。

新規が減る、増資が減るとどんどん出金が困難になるのです。

運営も赤字になると意味がありませんし元本を出金されると利益として払い出したものが全て赤字です。

だから運営が払う事は考えにくいです。

もちろん現段階で飛んだかどうかは、分からないですが 過去のパターンでは、AML信者のリーダーが沈静化をしながら 運営が少しずつフェードアウトする印象でしょうか。

様子を見ながら ジャブを入れてくるイメージです。

ただ どこまで進んでも元本保証はないと思いますが 今後の動向はしっかり見守りたいところですね。

どんな事が起きれば、アカウントの3分の1がロックされるのでしょうか?(笑)

ま、これも 普通にあり得ないですが 今回は新しい口実でどんな言い訳をするのか見物ものです。

ちなみにあの神田は、論破すると言いながらも 誰にも抗議も無かったそうです。

 

暗号通貨案件やってるなら あそこまでの証拠材料があれば、PGAで大炎上している事を知ってる訳ですから「やばいな」と思うでしょうが、あえて言及どころか嘘だと言い始めた。無茶苦茶です。

果たしてこの先、AMLがどうなるかは見物ものです。

「元本が戻ります」という動画が気になる方は、気軽に声をかけて下さいね~^^


24時間365日 質問を受け付けています♪
気になる事、質問があれば、いつでも相談してください♪


ABOUT ME
亮
管理人の亮です。様々な投資案件やビジネスを調べつくす為にブログをわざわざ立ち上げました。一人でも多くの人に真実のみを提供します。気になる事はいつでも質問下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。