便利ツール

ハードウォレットで暗号通貨を出金する方法

亮です。

この記事では、ハードウォレットにUSDTを送るという方法を解説します。

 

色々な暗号通貨の関わる案件や投資をしている場合、
自分のウォレットがある方が便利な場面、安心な場面が多いです。

 

結論言うと 取引所でも不安要素がありリスクゼロとは、言えないのです。

 

もちろんハードウォレットも リスクゼロと言いませんが、
取引所よりは安心感が高いと思います。

 

そんなハードウォレットについて少し解説をしていきます。

 

暗号通貨に携わるならハードウォレットがあると便利

 

ただ、もっと安心な方法は、一度ハードウォレットに移動させる事が一番安全です。

Ledger Nano S (レジャー ナノ

僕は、こちらを利用しています。

ハードウォレットのメリット

ハードウォレットがあると 取引所のアカウントがなくても保存できる。
海外の取引所は、いきなり大金を移すと送金制限やロックが掛かる事もある。
自分のハードに入っていれば小出ししながらゆっくり現金化ができる。
取引所に依存しなくても仮想通貨を保存できる。

以上となります。

 

出金の時に出金して海外取引所でロックされたら面倒臭いですよね?

暗号通貨を扱う色々な投資や案件を行う場合、今度は、出金した取引所が心配になります。

過去の例では、意味不明に凍結され理解できない英語を読んで疲れてしまう… 焦りと恐怖しかありません。

だからこそハードウォレットが役立つのです。

個人的には、このハードがお薦めです。

USDTをはじめ数多くの通貨に対応し値段もお手頃です。

ハードウォレットの使い方 Ledger Nano S

Ledger Nano S (レジャー ナノ

 

いわゆるUSBのようなものです。

簡単にいうとウォレットでこの中に仮想通貨があるイメージですが
いわゆるこれが秘密鍵になっていて通貨はアプリ上にある仕組みです。

Ledger Nano S は、インターネット環境にあるPCに繋いで使用します。

 

慣れると超簡単なので、USDTを送金できる手段の一つとして置いておきましょう。

 

USDTは、ドルと連動して動いているのでウォレットに入れておいても米ドル貯金と同じようなものです。

ビットコインなど他の通貨も保存できます。

ここに入れておけば、後でゆっくりと必要な分だけを取引所で売却する事もできますので安心です。

送金方法は、USDTの場合は、イーサリアムのウォレットに送金すれば振り分けられてUSDTが中に入りますので安心です。

 

取引所も以前にコインチェックなど日本の取引所でも かなり不安な状況に陥りました。

今でこそ問題ないですが…。

海外の取引所の場合は、もっと面倒臭い話です。

もちろん意図としなくても「ハッキング被害」もありますので ご自身のウォレットに入れておけばより安心です。

自分の身は自分で守る事が大事です。

 

では購入後からの手順を少しまとめます。

Ledger Nano S 日本語で解説

 

簡単に購入後からの流れを解説しますね^^

まずはオーナー登録。

ただ、個人情報を登録すると 何か税金云々で照会されるのかな?と正直ビビりました。それも入力してから。

ただこの登録がしないとアップデートの情報が届かないそうです。

この辺りはお好きにどうぞって所ですね。

 

1Ledger Nano S製品オーナー登録

オーナー登録を行うとLedger ファームウェアの更新・暗号通貨関連の最新ニュースが届きます。この辺は、ご自由に。

2.PCにハードウォレットをケーブルを通じて接続します。

3.まず、「Press both buttons to begin( 両方のボタンを押してスタート)」という文字が表示されるので本体の上部にある2 つのボタンを同時に押します。

4.「 左ボタンは【戻る】右ボタンは【進む】両ボタン同時押しで決定 」確認できれば両方のボタンを同時に押して次に進みます。
基本的に両方のボタンを押すと進む感じですね^^

5.「Configure as new device ? ( 新しいデバイスとして設定しますか? )」と本体に表示されますから、ウインドウを正面に見て右のボタンをクリックします。

6..PIN コード ( 暗証番号 ) の設定に入ります。「Choose a PIN code (PIN コードを選択する)」と画面に出てきたら、両方のボタンを同時に押します。

まずこのウォレットには、ボタンが2個しかないので、押すボタンも迷いがないでしょう。

両方を押すとだいたい先に進んでいきます。

英語なんですけどパソコンの画面に沿って見ていけばだいたい分かります。

 

不明な事があれば翻訳すると分かります。

ウォレットはボタンも2個だけなので 複雑そうですがシンプルです。

あと面倒なのがパスワードの設定です

7 ウォレット(USB)のパスワードの設定。

任意のPIN コード( 暗証番号)4~8 桁を設定していきます。 左のボタンを押すと数字が下がって行き、右のボタンを押すと数字が上がっていきます。同時に押すと次の桁に移動します。戻る場合は、数字ではなく削除マークを選んで 窓から見て右のボタンを押すと一文字戻ります。

絶対に覚えられるパスワードにしましょう。そして決めればメモする。これ忘れないように!

8、リカバリーフレーズの書留

そして次はリカバリーフレーズのメモにうつります。「Write down your recovery phrase (リカバリーフレーズを書き留める)」と表示されるので2つのボタンを同時に押します。

ようは1から24のパスワードを全部書き留めろって事です。

この24問が少し面倒臭いですが ハッキングなどを防ぐ為なので仕方ないですね。

全部説明すると 大変なのですがパソコンと接続して不明な事は翻訳すると ほぼ解決できます。

 

一応 中に紙が入ってますが 単語の組み合わせのセキュリティパスワードです。

24個あるので メモしておくようになっています。

その確認が面倒臭いですけど一先ず、表示された順に操作するのみなので 難しさはあまりありません。

僕は、メモが面倒なので写メで全部撮影して保存しています。

 

光がぼやけやすいのですが24枚撮影すればメモする必要は、無いと思いますが両方あると安心でしょう。

 

パソコンにアプリをインストールする。

 

以下のサイトからパソコンのアプリをインストールします。

機種にあわせてやりましょう。

仕組みとしては、鍵になっているので厳密には、通貨はアプリ上にあるそうです。

 

とりあえずインストールしたら 初期設定です。

表示モードを一つ選択し、「Get started」をクリックして初期設定を開始します。

 

ここの項目は

「Skip device setup」です。

うまくいかない場合には、「Set up as new device」ですがデバイスは完了しているので大丈夫です。

Nano5を選びます。

 

続いてこちら。

 

項目は、以下の通りです。

-Did you chose your pin code by yourself ?

ピンコードはご自身で設定しましたか?

-Did you save your recovery phrase by yourself ?

24 のリカバリーフレーズはご自身できちんと書き留め、保管していますか?

-Is your Ledger device genuine ?

あなたの持っているデバイスは正規品ですか?

 

全部イエスですね。

問題なければ、「Check now」を押して進みます。

続いてウォレットをパソコンに接続します。

パソコンに表示される図を見ると 何を求めているかだいたい分かると思います。

繋げていれば この画面に沿えば良いのです。英語なのが難点ですが。

次に、ウォレット側にAllow Ledger Managerと出れば上記のように両方のボタンをクリックします。

そうして次にログインパスワードの設定です。

 

これはPCやスマホで出てくる通貨の情報などが表示される画面を開く場合のパスワードです。

 

これは設定してもしなくても大丈夫です。

設定しないなら、Skip this step ですね。

 

すると以下のように表示が出てきます。確認事項です。

パスワード忘れないで。
パスワード紛失したらリセットしてアカウント追加を行う
リセットしても暗号通貨に影響しない

と書かれています。

続いて進んでいきます。
これで完結。
あとは、必要な通貨を設定します。
ここまでで、Ledger Nano S をインストールをしたけど 今度はその中に必要なコインのアプリをインストールするんですね^^
まずテザーUSDTの場合は、イーサリアムを選んでインストールして イーサリアムのアドレスを作ります。
あとは 入金からアドレスを作れるので、そのアドレスに外部から送金すると溜まる仕組みです。
尚、設定から以下のように日本語にできます。
しかし部分的に日本語にならない所もあるので その場合は Google翻訳を使いましょう。
何よりコピーができないので手打ちで翻訳する事になりますが 今回のようにテザーで使う場合には、アドレスさえ発行すれば 大丈夫です。
預けっぱなしにしていると不安な人は、ハードウォレットを使いましょう^^。
尚、設定からスマホのアプリをインストールするとスマホで残高などを確認できます。
海外の場合大きな金額を送金すると いきなり不明なロックになるとか、そういうのが怖いです。
最悪の事も想定して、1台は、ハードウォレゥットを所有しておきましょう。
ではでは、本日はこの辺で。
亮でした^^

 


24時間365日 質問を受け付けています♪
気になる事、質問があれば、いつでも相談してください♪

ABOUT ME
亮
管理人の亮です。様々な投資案件やビジネスを調べつくす為にブログをわざわざ立ち上げました。一人でも多くの人に真実のみを提供します。気になる事はいつでも質問下さい。