その他P2P案件

UNKO帝国P2Pは、詐欺案件?その実態と対策

亮です(^^ゞ

本日はP2P案件でもあるUNKO帝国について少し記事にしてみました。

UNKO帝国P2P詐欺案件?

URL

WEB魚拓

名前からしてふざけてますねw

ほんまアホちゃうかと思います。

 

カード名 保有期間 利率 価格範囲 トイレットペーパー
コロコロちゃん 4日 12% 50ドル~
バナナうんこ先輩 7日 15% 250ドル~
巻UNエンペラー 12日 22% 1,000ドル~

 

で、このカードを購入するには トイレットペーパーが必要です。

ゴッドソードで言うとゴールドとか他のエクスカシーなどでいうとチケットみたいなものですね。

1ロール1円

UNKO帝国で利用できる通貨は、USDT(TRC20)

USDTでもTRC20 を使います。

イーサリアムの高騰でイーサリアムチェーンは手数料も高額になるのでTRC20を使っているのでしょう。(最近多いです)

UNKO帝国の出口戦略が面白いw

そもそもクソなんで…どうでも良いんですが

日本の文房具会社や海外企業と提携して、このうんこキャラクターのアイテムを文房具グッズとして売り出すのが出口戦略があるようです。

冷静に考えましょうね。

出口戦略とは 参加者のアイテム 今回はキャラクターですね。

ここで売れ残り防止の為にボールペンで補おうという出口戦略です。

話を聞いてるだけでマジでクソ(うんこ)です。

まず運営会社も不明でボールペンと言われてもね…。

あと、UNKO帝国ではHP上でこのように公言をしています。

1・運営側も買取に入る。
2.日本で販売している3%を買取資金に充当する。
3.文房具グッズの海外販売がスタートしてからの予定ではUNKO帝国の参加ユーザー様への恩恵として文房具グッズの海外販売売上の30%を買取資金として充てる。

これを読んで反応をした人は、マジ終わってます

ボールペンの出口戦略で口説けるなんて超楽勝です。

ただのP2P案件にボールぺンの販売利益から 買取をするとか、信じて期待する意味が分かりません。

1本300円で売れてないボールペンに期待をしても賄う事は、無理ですね。

UNKO帝国の出口戦略に期待を抱いた人が終わってる理由とは?

まず言える事は、以下の3つ。

 

【UNKO帝国の運営の買取の疑問】
運営が買取に入るというのも どの程度で介入するのか明確なものが何もない。

【UNKO帝国の売り上げの疑問】
そもそも文房具の売り上げの金額を証明できるものもない。

【UNKO帝国の展開の疑問】
文房具グッズを海外で販売して30%の利益とか書いてますが、その実態も見えない。

まず意味不明なのですが UNKO帝国の売れ残りアイテムをカバーできるほどペンが売れるはずがないです。

そもそも ボールペンの販売でUNKO帝国が儲かるなら「UNKO帝国のP2Pで、買取なんかするよりダイレクトに ペン売るだけの方が儲かるでしょ?」という理屈になります。

ちなみに調べると、、ちゃんと画像のボールペンの存在は確認できましたが このボールペンとUNKO帝国の因果関係は謎のベールに包まれています。

なぜならUNKO抵抗に一部の画像のみしかないからです。

商品名も JANコードなども何もありません。

切り抜きのみです。

 

このように価格帯は無茶苦茶です。

ちなみに出回ってるボールペンと同じでこのUNKO帝国のHPに掲載のあるペンは、画像だけは、間違いなく同じものです。

UNKO帝国の飛び出せうんち君の販売元

まず販売元が謎ですが調べると以下のような情報がありました。

JAN: 4534253310150

株式会社ファースト・アロー
所在地 〒208-0023 東京都武蔵村山市伊奈平1-52-3
電話番号 ログインすると表示されます
設立年 1973 年
資本金 3000万円
従業員 20 名
前年度売上高 非公開
役員 平野 順矢
会社メッセージ 昭和48年 輸入商社として設立して以来、中国ほか世界中より「ワクワクするモノ」を探して、
日本の皆様にお届けして参りました。
「夢のあるもの」「心躍らせるもの」をこれからも探し続けて、
時として、自らの手で開発できる発信源になりたいと考えます。
そして何より、私どもが、童心を忘れる事なく楽しみながら、「いち早くお客様の心を射抜きたい!」
そんな思いで名付けた「ファーストアロー」の社名に恥じない様に、社員一同、
この「ワクワクをお届けする事業」に邁進してゆく所存です。オリジナル通販サイトはこちら
事業内容 中国・台湾・韓国・インドより様々な商材を直輸入しております。

扇子100種以上 ストール300種類以上 ファンシー雑貨やミニカー等1000種類以上。

もちろん OEMでオリジナルも作ってます。

お気軽にお問い合わせください。

主要取引先・実績 (株)ピーナッツクラブ (株)エトワール海渡 (株)根来 (株)エムケイエンタプライズ (株)エイコー (株)タイヨー その他

こちらが このボールペンを販売している会社のようですが 到底関係があるとは思えません。

ただもう一つ言うと

UNKO帝国が本当にこちらのペンの販売に携わっているのか?という懸念もありますね。

どこにもHPの記載にも商品名がなく切り抜き写真だけだからです。

ちなみに売れ行きで見ると

いずれも殆ど売れてない印象受けます(笑)

 

UNKO帝国の特商法がそもそもない?

で、その前に このUNKO帝国の特商法がないです。

あっても無くても良いのですが ここまでの切り口で特商法無いと出口戦略の信憑性は ほぼゼロに等しいです。

ペンの発送などもしている様子ですが 買えば発送簡単にできますからね。

UNKO帝国に異変?

TPDUPd3dH54hY7ee1yFjvPeJBWYuvjTYux

そもそもメアド隠してる時点でどうか?って話もありますよね。

この人達が原因で、UNKO帝国でマッチングに影響が出たそうなんですが

普通に見ると もうそろそろヤバそうな匂いしますね^^;

エクセルファイルなんて簡単に書き出しできますしw

しかし ここを見て下さい。

 

何でしょうねえ…退会させるって。

マッチングしないトラブルの理由を架空人物に設定したか?

何かおかしいですね。

数日前より意図的に多く注文を入れ、未入金とする悪質ユーザーに対し、徹底的に調査を行っております。
そこで新たな該当悪質ユーザーには何らかのご返答またはご対応がない場合はメールアドレスやウォレットアドレスの公表をさせて頂くということの確認の連絡を再三させていただいておりますが、今も尚、返答または対応がない状況でございます。

つきましてこちらをもちまして該当悪質ユーザーを再度公表をさせていただきます。

*悪質ユーザーに関しましては下記の画像をご覧くださいませ。

明日、明後日からのマッチングは悪質ユーザーの排除により、完全に安定化を取り戻し安心してお取引いただける状況となることを予想しております。
この度はご心配をおかけした中、たくさんのご協力をいただき誠にありがとうございます。

今後ともUNKO帝国を宜しくお願い致します。

 

・調査ってアドレスとメアドしかとってない。
・徹底的調査とか大袈裟な話。

何を調査できるのか分からないですが まず運営母体が誰なのか?ですよね。

先にそれを公表しろって思いますが運営も謎なので 悪質ユーザーとされる人がもしいるとすれば、「そもそも誰だよお前」って話になると思います(笑)

調査しても意味がない。

ましてや訴えるとか責任とれとか、「誰に?」という話になりますし。

もうギャグそのものですね(笑)

グランドオープン前は安心…は嘘です。

あとグランドオープンという言葉を聞いて 今はプレオープンだからグランドオープンまでは安心だろう…と言う人多いですが それは関係ありません。

つまりグランドオープン前に破綻する案件なんて普通にあるのですが このように プレオープンとグランドオープンを分類する事によって ユーザーは勘違いして安心するのです。

ボールペンが売れてる様子もないですし出口戦略になるわけがないです。

これを見て、「UNKO帝国は素晴らしい日本初だ!」と言った人は、かなり浅はかで賢くないです。

もちろん最初はP2Pなので稼げますが一度傾いたら 何も信じずに全部お金を出金する事が大事です。

必ず誰かが犠牲者になる事は、目に見えてますから当たり前ですが、急いで抜けるだけ抜いて買いを辞める事を推奨します。(もしもマッチングが続くようならその後に後で参加すれば良いので)

 

では、本日はこのへんで~。

続編 もう終わり?UNKO帝国の末路

どうやらもう終わっているのにトイレットペーパーを売ろうという感じで詐欺全開の様子です。

おまけに不都合なコメントは全部削除する体制に入っているようです。

ボールペンも嘘っぱちのインチキP2P案件と浮き彫りになった形ですね…。

 

 


24時間365日 質問を受け付けています♪
気になる事、質問があれば、いつでも相談してください♪


ABOUT ME
亮
管理人の亮です。様々な投資案件やビジネスを調べつくす為にブログをわざわざ立ち上げました。一人でも多くの人に真実のみを提供します。気になる事はいつでも質問下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。